空き家の処分についてご検討の方

query_builder 2024/05/02
売却土地戸建てマンション
画像1424
画像1424

空き家の処分についてご検討の方にお役立ち情報です

 

はじめまして。京王線北野駅・JR横浜線片倉駅で営業しておりますセンチュリー21HIDAMARI HOUSEです。

今回は、空き家の処分についてご検討の方に最新の空き家情勢についてご案内させて頂きます

 

【総括】

「放置空き家」は税制上の優遇が受けられない為、処分を進めましょう

マンション等では管理不全に陥らない様管理組合が機能しているかどうか、注視する必要があります

東京都下では価格下落の兆候が出ております。早期の処分を目指し、滞留を防ぎましょう。

 

【概要】

総務省の発表によりますと2310月時点での国内の住宅総数に占める空き家の割合は13.8%と過去最高を記録したようです。899万戸となり、5年間で50万戸も増えたことになるようです。

うち、賃貸・売却用・別荘などを除いた「放置空き家」の割合は59%と0.3ポイント上昇。合計385万戸となり、20年間で1.8倍になりました。

共同住宅における空き家は5023500戸と過半を占めており、共同住宅総戸数の内、16.7%が空き家という計算になるようです。内訳として賃貸用が394万1100戸、売却用は12万9000戸、放置されたり相続後誰も住んでいない共同住宅は84万6800戸あり、5年間で8.6%増加、20年前と比べると1.8倍になったようです。

ここにきてマンションの空き家問題が深刻化している様です。原因は古い建物が増え、管理状況の実態が把握できにくくなっている様です。所有者不明等、管理費や修繕積立金の徴収が上手くいかず、必要な資金を計画通り積み立てられなくなることも起きつつあるようです。

今秋にも管理組合の機能強化、建て替えなどに関する規制緩和についての方策が提起されようとしておりますので、今後の動向に注目です。

「放置空き家」は税制上の優遇を受けることが出来なくなりました。早期の処分を目指し、或いは国による買取制度も検討しましょう。

マンションについては管理組合の機能不全を招かない様早期の処分がお勧めです

 

 

ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 


----------------------------------------------------------------------

センチュリー21 HIDAMARI HOUSE

住所:東京都八王子市北野町560-18

電話番号:042-649-5768

----------------------------------------------------------------------